ようこそ「危険物取扱者試験ガイド★講座 対策 受験 求人 仕事 問題集 合格 資格 通信教育 学校」へいらっしゃいました!このサイトは、危険物取扱者試験が今とっても気になっているとか、危険物取扱者試験を受験したい!または危険物取扱者試験に合格したい!危険物取扱者試験のテキスト問題集過去問求人とか仕事などの情報が欲しい!という方を対象に、様々なコンテンツを提供していきます。最近はネットで各種情報を得られたり、たとえば掲示板勉強法を検索したり、大変便利になりました。もちろん、危険物取扱者試験の最新情報を見つけ次第こちらで紹介したいと思います。いろいろと長くなりましたが、当サイトは細々と更新していきますので、今後とも温かく見守って頂けるとうれしいです。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★危険物取扱者 検索はこちら!★
Top危険物取扱者試験 紹介 >危険物取扱者試験について

危険物取扱者試験について

危険物取扱者試験資格、危険物取扱者試験の講座、危険物取扱者試験の講習など危険物取扱者試験情報をお探しの方へ。まずはじめに危険物取扱者試験の概要をご紹介します。(wikipediaより)

危険物取扱者(きけんぶつとりあつかいしゃ、英Hazardous Materials Officer)は、危険物を取り扱い、またはその取扱いに立ち会うために必要となる日本の国家資格である。危険物そのもの及び資格についての詳細は消防法及びその下位法令により規定される。危険物取扱者の資格保有を証明するため都道府県知事から交付される公文書を危険物取扱者免状という。資格取得のための試験の実施は、都道府県知事からの委託を受けた財団法人消防試験研究センター(各都道府県支部)が実施する。1971年(昭和46年)5月31日まで(旧制度時代)の呼称は危険物取扱主任者。

分類
甲種(すべての種類の危険物の取扱いと立会いができる)
乙種(第1類〜第6類のうち自分が免状を持っている類の危険物の取扱いと立会いができる、危険物の詳細は危険物参照)
乙種第1類 - 酸化性固体(塩素酸カリウムなど)
乙種第2類 - 可燃性固体(マグネシウムなど)
乙種第3類 - 自然発火性物質及び禁水性物質(ナトリウムなど)
乙種第4類 - 引火性液体(各類の中で取得者数及び社会的需要が最も多い)
乙種第5類 - 自己反応性物質(ニトログリセリンなど)
乙種第6類 - 酸化性液体(過酸化水素など)
丙種(第4類に属する危険物のうちガソリン、灯油、軽油など指定されたものの取扱いができる。立会いはできない)
有資格者が作業に立ち会うことにより、無資格者も危険物の取扱いができるようになる。これを利用してセルフガソリンスタンドが運用できている。セルフスタンドでは、事務所内でモニターカメラなどにより甲種か乙種第4類の危険物取扱者資格保持者の遠隔監視が行われている。危険が発生すれば遠隔ででもバルブ閉鎖などの措置がとられることになっている。

試験
試験は消防法に基づく国家試験として、委任を受けた消防試験研究センターが実施する。全国で年間2回から4回程度、需要の多い乙種第4類だけは東京でほぼ毎月行われている。受験地の制限はなく、全国どこで受験しても差し支えないが、合格した場合の免状申請先は受験地の都道府県知事(手数料として貼付する都道府県収入証紙も受験地のもの)となるので注意が必要である。甲種は受験資格の制限があるが、乙種・丙種は誰でも受験することが可能である。乙種第1類から第6類まで全ての試験に合格すれば、甲種取扱者同様(完全に同等ではない。危険物保安監督者の節参照)にすべての危険物を取り扱うことができるため、甲種の受験資格のない人がこの方法で全類取得するケースもある。

試験は3科目あり、所定の時間内にすべての科目を受験する(受験者が自由に時間配分できる)。ただし、既所持資格などにより一部科目の免除制度がある(後述)。

合格点は、科目免除の有無にかかわらず受験するすべての科目それぞれの正解が60%以上あることである。この場合、免除された科目・問題は正解率算出の分母・分子には含まれず、実際に解答範囲となった部分のみで正解率が計算される。

甲種
5者択一で、試験時間は150分

危険物に関する法令:15問
物理学及び化学:10問
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:20問

乙種
5者択一で、試験時間は120分

危険物に関する法令:15問
基礎的な物理及び基礎的な化学:10問
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:10問

丙種
4者択一で、試験時間は75分

危険物に関する法令:10問
燃焼及び消火に関する基礎知識:5問
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:10問

一部免除
既に乙種の一部の類の免状を所持する者が未取得の他の類を受験する場合は、試験科目の「危険物に関する法令」と「基礎的な物理学及び基礎的な化学」の全部の問題が免除となり、試験時間は35分となる。また、火薬類保安責任者の免状を所持している者が乙種第1類あるいは乙種第5類を受験する場合は、試験科目の「基礎的な物理学及び基礎的な化学」のうち6問と「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」のうち5問が免除され、それぞれ4問と5問となり、「危険物に関する法令」15問とあわせて試験時間は90分となる。(上記の両方の免除条件を満たす場合は、それらの対象部分は全て免除され、試験科目は「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」前半5問だけとなる。試験時間は35分)
丙種は、5年以上消防団員として勤務し、かつ、消防学校の教育訓練のうち基礎教育、普通教育又は専科教育の警防科を卒業した者の場合、「燃焼及び消火に関する基礎知識」の試験科目が免除され、試験時間は60分となる。

受験資格
甲種
大学等(大学、短期大学、高等専門学校及び大学、短期大学、高等専門学校の専攻科、外国における大学等、防衛大学校、職業能力開発総合大学校、職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、その他)において化学に関する学科等を卒業した者
大学等(大学、短期大学、高等専門学校、大学院、放送大学,放送大学大学院、大学、短期大学、高等専門学校の専攻科、防衛大学校、防衛医科大学校、職業能力開発総合大学校、職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、水産大学校、海上保安大学校、気象大学校、外国における大学等、その他)において化学に関する授業科目を15単位以上修得した者
乙種危険物取扱者免状の交付を受けた後、危険物製造所等における危険物取扱の実務経験が2年以上の者
その他の者(修士、博士の学位を授与された者で化学の事項を専攻した者(外国の同学位も含む。)、工業の教科に関する高校の教員の普通免許状を有する者(教科の専攻科目が化学に関するものであるもの))
乙種
誰でも受験できる。
丙種
誰でも受験できる。


posted by 危険物取扱者試験 at 12:05 | 危険物取扱者試験 紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。